めちゃくちゃ読みやすいWebライティングの本|『沈黙のWebライティング』

  • URL Copied!

『沈黙のWebライティング』を読んだので概要と感想を紹介します。

本書を読もうと思った理由は、

  • ブログを始め、Webライティングの必要性を感じた
  • 簡単に読める本を探していた

本書を読んで得たこと、

  • 検索意図を推測することが重要
  • 比較記事を書く際はUSPの分析が大切

  ※USP:他にはない強み

  • 文章を読んでもらうには、共感、見やすい、読みやすいが大切。
  • 読んでもらいやすい文章の書き方

この本ではブログ記事を書く際に大切なことが学べる本ブログを始めたら読むべき本の1冊です。

「サルっとブログ」ではブログ運営に関するオススメの本を紹介しています。

もくじ

『沈黙のWebライティング』の概要

SEOのためのライティング教本の決定版! 「成果が上がる」文章の書き方がわかる!

Webで「成果を上げる」ための文章の書き方を実用入門書。
謎のWebマーケッター「ボーン・片桐」が活躍するストーリーを通じて、
SEOに強いライティングのノウハウを学ぶことができます。

本書はWeb上で連載され、大人気を博したコンテンツを書籍化したものです。

連載をまとめた本編全7話に、書籍だけの書き下ろしとなる本編エピローグ、
Webで成果を上げる文章を書くための手法や思考法を伝える
特別解説(約100ページ)を加えました。

特別解説は、ストーリーを通じて語られるさまざまなノウハウや考え方を、
より深く具体的に掘り下げた実践的な内容になっています。

Webサイトやブログの記事だけではなく、
ビジネス文書などにも活用できるライティング教本の決定版です!

Amazonより

ボーン・片桐など個性溢れた登場人物が多く登場し、物語形式で読みやすい本です。

それでも内容はしっかりしています。

物語で大まかな概要を学習し、途中のまとめで詳しく学ぶことができます。

『沈黙のWebライティング』の目次構成

目次構成は以下のとおりです。

  • episode01 SEOライティングの鼓動
  • episode02 解き放たれたUSP
  • episode03 リライトと推敲の狭間に
  • episode04 愛と理論のオウンドメディア
  • episode05 秩序なき引用、失われたオマージュ
  • episode06 嵐を呼ぶインタビュー
  • episode07 今、すべてを沈黙させる・・・!!
  • epilogue 沈黙のその先に

目次を読んでも内容が分かりにくいかもしれませんね。。。

でも非常に内容はいいです。

『沈黙のWebライティング』を読んでみて

文章を読んでもらうには「見やすい文章」が必要

人は視覚的に読みやすい文章を判断します。

また全部の文章を読みません

その上でどういう文章にすればいいのか。

  • 改行のタイミング
  • 漢字とひらがなのバランス
  • 箇条書きを使う

など読んでもらうための文章について書かれています

SEOにとってリンクは非常に重要

リンクには内部リンク、外部リンクがあります。

どちらもSEOにとって非常に重要です。

どういう記事にすればリンクを獲得しやすいのか。

リンクの重要性、リンク獲得しやすい文章について書かれています。

SNSで拡散されるとリンクを獲得しやすくなる

サイトの信頼性を高めるには被リンク獲得が重要である。

被リンク獲得には良質な記事を書くことは大前提です。

そのうえでSNSで拡散させると被リンクを獲得できる可能性が高くなります

「タイトル」、「アイキャッチ」も重要な要素になります。

まとめ:『沈黙のWebライティング』は読むべき1冊

『沈黙のWebライティング』はWebライティングに必要な知識が得られる本です。

会話形式で非常に読みやすく、内容もしっかりしています。

多くの方も読んでいる本なのでオススメの1冊です。

ブログに関連したオススメの本を紹介しています。

以下の記事にてまとめてあるのでご覧になってください。

>>ブログに関するオススメの本はコチラ 

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
もくじ
閉じる