誰でも簡単!WordPressでブログをはじめたい方はコチラ!

超シンプル|ブログ初心者のキーワード選定方法

  • URL Copied!
ばなーな

キーワード選定ってなに?
キーワード選定ってどうやるの?

ブログを始めたばかりの方はキーワード選定ってなに?という感じだと思います。

Googleで何か検索するときのことを思い出してください。

検索窓に「○○ 方法」とか「〇〇 行き方」など調べたい文字を入れて検索していると思います。

これが検索キーワードです。

Googleは検索キーワードから知りたいことを推測し、調べた人が満足するサイトを表示します。

ブログを書く際に、検索されるだろうキーワードを想定し、タイトルや見出しなどに盛り込む必要があります。

ただ盛り込むだけでは先輩記事に勝てないので、初心者でも勝てるキーワード選定が必要になってきます。

この記事を読めば上位表示できるキーワード選定が身につきます

もくじ

キーワード選定の重要性について

「好きなようにタイトル決めて書けばいいんじゃないの?」という方にキーワード選定の重要性を說明したいと思います。

あなたが何かを調べるときは目的がありますよね

たとえば、「僕のダイエット方法」だと不明確すぎますよね。

ダイエットにも、食事、運動などさまざまな方法があります。

「僕の食事制限なし運動ダイエット方法」だと検索意図が明確で、検索需要もありそうですよね。

このように記事タイトル、見出しは適当に考えるのではなく、検索意図が明確で、検索ボリュームもある程度あるキーワードを選定する必要があります

ばなーな

なんか大変そう。。。

たくぞー

便利なツールがあるから後で紹介するよ

ビックキーワード、ミドルキーワード、スモールキーワードを理解しよう

キーワード選定する上で、「ビックキーワード」、「ミドルキーワード」、「スモールキワード(ロングテールキーワード)」を知っておきましょう。

ビックキーワード
月の検索回数が1万回以上
ミドルキーワード
月の検索回数が1000回以上
スモールキーワード(ロングテールキワード)
月の検索回数が1000回以下

検索ボリュームが大きいキーワードで上位表示されればPV数も増えます。

しかしブログ初心者がビックキーワード、ミドルキーワードで上位表示することは難しいです。

スモールキーワードなら競合も少ない。ブログ初心者でも上位表示できる可能性が高く、スモールキワードを狙って記事を作成する必要があります

たくぞー

次からキーワード選定について解説していきます。

ロングテールキーワードの選定方法について

ここからは実際にキーワードの選定方法について解説していきます。

キーワード選定に使うツールは、

すべて無料で使えるツールです。

ステップ1:軸となるキーワードを決める

最初に軸となるキーワードを決めます。

この軸となるキーワードによっても、このあとの絞り込み結果が変わってきます。

この軸となるキーワードは、ブログのジャンルによって変わってきます。

今回は例として、「脱毛」を軸にします。

ステップ2:ラッコキーワードでキーワードを絞り込む

STEP
ラッコキーワードで軸となるキーワードで検索

ラッコキーワードにアクセスし、軸となるキーワードを入力して検索します。

今回は「脱毛」と入力して検索します。

ラッコキーワードにアクセスし、キーワードを入力して検索する。

STEP
キーワードを絞り込む

索結果がいっぱい表示されると思います。

検索結果が表示される

検索結果の一番左上「○○とサジェスト」を見てください。

サジェストキーワード
Googleで検索窓にキーワードを入力すると出てくる関連キーワードのこと

「○○とサジェスト」 に表示されているのは、「脱毛+○○」で検索されているキーワードです。

「脱毛」だけでは検索ボリュームが大きいので絞り込みを行います。

例として「脱毛」+「メンズ」で絞り込みをします。

キーワードの横の矢印を2つ組み合わせたマークをクリックすると、さらに絞り込めます。

キーワードをさらに絞り込む。例として脱毛+メンズで絞り込んでみる

キーワードが3語か4語まで絞ってください。

3語か4語までキーワードを絞り込む

最終的に、「足」+「脱毛」+「メンズ」+「自宅」の4語で構成されるキーワードまで絞りました。

ステップ3:検索ボリュームの調査

良さそうな検索キーワードが見つかったら、次は検索ボリュームを調べます。

検索ボリュームは、キーワードプランナーを使います。

STEP
キーワードプランナーにアクセス

キーワードプランナーにアクセスします。

※キーワードプランナーは無料でも使えますが、Googleアカウントが必要です。

今はGoogle広告の一部の機能になっているので、アクセスしたら「キーワードプランナーに移動」をクリックします。

キーワードプラインナーにアクセスし、「キーワードプランナーに移動」をクリック
STEP
「新しいキーワードを見つける」をクリック
新しいキーワードを見つけるをクリック

キーワードプラインナーにアクセスしたら、左側の「新しいキーワードを見つける」をクリックします。

STEP
調べたいキーワードを入力
キーワードを入力して、「検索結果を表示」をクリック

調べたいキーワードを入力したら、左下の「結果を表示」をクリックします。

STEP
検索結果の確認

月間の平均検索ボリュームが表示されます。

Google広告に広告費を支払うと細かい数値が分かりますが、検索ボリュームを調べるだけなら無料で十分です。

今回の「脱毛」、「足+脱毛+メンズ+自宅」、「脱毛器+メンズ+剛毛」の検索ボリュームを比較すると、

「脱毛」:10万~100万
「足+脱毛+メンズ+自宅」:10~100
「脱毛器+メンズ+剛毛」:100~1000

最初は検索ボリューム100のものを選んで書いていき、検索上位を狙っていきましょう。

ステップ4:ライバル記事の調査

キーワードの絞り込みが終わったらライバル記事の調査です。

ライバル記事の調査ポイントは、

  • 企業サイトが少ないこと
  • 病院や公共機関のサイトが少ないこと
  • ライバル記事の内容が薄い
  • ライバル記事よりも濃い内容が書けそう

このようなポイントで、絞り込んだキーワードが良さそうか確認します。

今回絞り込んだ「足」+「脱毛」+「メンズ」+「自宅」を見てみると、企業のサイトや病院が監修しているサイトが多いです。

このキーワードで初心者が上位表示することは難しいと判断できます。

番外:いいキーワードが見つからない場合

今回は「脱毛」を軸のキーワードにしました。

「脱毛」はかなりのビックキーワードですので、絞り込んでも企業の広告が多く上位表示が難しいかもしれません。

もしキーワードが上手く絞りれなかったら、

  • 「脱毛」の別のサジェストキーワードを選んでみる
  • 軸のキーワードを「脱毛」以外のキーワードにしてみる

たとえば、「脱毛」と検索すると、サジェストキーワードに「脱毛器」が表示されます。

そこから、「脱毛器」⇒「脱毛器+メンズ」⇒「脱毛器+メンズ+剛毛」と絞り込むと、違った検索結果になります。

これも初心者が上位表示するのは厳しいですが、 「足」+「脱毛」+「メンズ」+「自宅」 よりも個人のサイトが上位に来ていると思います。

良いキーワードは簡単に見つからないのでキーワード選定が重要と言われるのです。

関連キーワード取得ツールの紹介

本記事ではラッコキーワードを例に話をしました。

ラッコキーワード以外にも関連キーワード取得ツールオススメです。

使い方は同じでキーワードを入れて検索するだけです。

使いやすい方を使ってみてください。

検索順位の動向を確認し、上がらなければリライト

Googleサーチコンソールを使うと、どんなキーワードで、どれくらい検索されているか分かります。

2,3ヶ月しても検索順位が上がらない、検索されないという状況が続くならリライトしましょう。

>>Googleサーチコンソールの活用方法の記事はコチラ 

キーワード選定についてのまとめ

この記事では、

  • スモールキーワードの選定方法(ラッコキーワード、関連キーワード取得ツール)
  • 検索ボリュームの調べ方(キーワードプランナー)

ついて解説しました。

ブログ運営にとってキーワード選定は重要です。

今回紹介した方法でしっかりとキーワード選定しましょう。

サルっとブログではブログに関する情報を発信しているので、ご覧になってください。

たくぞー
サルリーマン
ブログを始めようと思っている方、ブログを始めたばかりの方に向けて、ブログに関する情報を発信しています。
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
もくじ
閉じる