誰でも簡単!WordPressでブログをはじめたい方はコチラ!

Googleアドセンスの収益をTwitterなどSNSで公表していいのか?

  • URL Copied!

Googleアドセンスの初収益がうれしくて、SNSで収益画面を投稿しているのを見かけます。

実は、

多くの方はGoogleアドセンス規約を違反しています。

違反してどうこうなったと聞きませんが、知らずに違反しているのは嫌ですよね。

この記事では、

Googleアドセンスの規約を正しく理解し、楽しいSNSライフを送ってもらうことを目的としています。

結論は、支払金額を正確に提示すればOKです。

たくぞー

どういうことか詳しく解説していきます。

もくじ

Googleアドセンスの規約に書かれていること

Googleアドセンスの利用規約にはどう書かれているのでしょうか。

11条秘密保持の以下の一文が書かれています。

本第 11 条にかかわらず、お客様は、自らによる本サービスの利用によりもたらされた Google による支払総額を正確に開示することができます。

AdSense オンライン利用規約

「支払総額を正確に開示」という文言がポイントです。

Googleアドセンスが開示していい支払総額とは

11条に書いてる「支払総額を正確に開示」とは一体なんのことなのか?

Twitterでよく見かけるのは「推定収益」なので、Googleからの支払総額ではありません。

支払総額とは、Googleアドセンスの左側のメニューにある「お支払い」をクリックしたら表示される金額です。

Googleアドセンスのメニュー
たくぞー

お支払いで表示される金額は、Googleによる支払総額なので、ここに表示される金額なら開示していいことになります。

クリック率はアドセンス規約で開示が禁止されている

11条にはこう書かれています。

お客様は、当社の事前の書面による承諾なく Google 機密情報を開示しないことに合意するものとします。「Google 機密情報」には、(a)本サービスに関連する一切の Google のソフトウェア、技術および文書、(b)本サービスとの関係において広告媒体の実績に関連したクリックスルー率その他の統計、(c)本サービスにおける非公開のベータ版機能または体験版機能の存在、それに関する情報、またはその規約ならびに(d)Google により提供されるその他の情報であって、機密であると指定されるか、それが提示される状況において通常機密とみなされるものが含まれます。

アドセンス規約

「広告媒体の実績に関連したクリックスルー率その他の統計」は開示してはいけないと書いてあります。

「広告媒体の実績に関連したクリックスルー率その他の統計」は、 ページビュー数やクリック率などの統計データ のこといいます。

したがって、ページビュー数やクリック率などの統計データは開示していけないということになります。

まとめ:Googleアドセンスの推定収益をTwitterで開示したらダメ

簡単ですが、Googleアドセンスの収益をTwitterで開示していいのか確認しました。

この記事のポイント
  1. 推定収益は開示してはいけない
  2. 開示できるのは支払いが確定した金額
  3. クリック率などの統計データも開示してはいけない
たくぞー
サルリーマン
ブログを始めようと思っている方、ブログを始めたばかりの方に向けて、ブログに関する情報を発信しています。
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
もくじ
閉じる