ブログの記事は何文字書けばいいのか?

  • URL Copied!
ばなーな

ブログの記事って何文字書けばいいの?

ブログを始めると誰もが一度は悩むのではないでしょうか。

2000文字以上とか3000文字以上とか色々聞きますが、何が正しいか分かりませんよね。

結論として「必要な文字数は決まっていない」が正解です。

ただし何文字くらいがいいか傾向を知ることができます。

この記事を読んでわかること
  • ブログ記事に必要な文字数

この記事を読めば、 必要な文字数について悩むことがなくなります。

また競合記事のオススメを簡単に調べる方法はご紹介します。

もくじ

結論:必要な文字数は上位記事10記事の平均以上

結論としては、 狙ったキーワードの検索上位10位の文字数の平均以上は書きましょう

文字数は関係ないと言う方もいますが、文字数は情報量の参考になります。

書く内容にもよりますが、基本的には文字数が多ければ情報量も多いです。

そのため上位サイトの文字数(情報量)を参考にする必要があります。

文字数を上位記事10サイト平均以上にする理由

理由1: googleが求めている情報量

上位サイトを見るとは、下位のサイトと比較して文字数が多いです。

これはGoogle が必要としている情報量を満足しているということです。

ただ文字数が多ければ情報量を満足しているというわけではないですか、目安にはなります。

そのため平均以上の文字数を書けば、上位サイト並みの情報量になる可能性はあります。

当然闇雲に文字を増やせばいいわけではないので、検索意図に沿った内容である必要があります。

理由2: 共起語が不足する可能性があるから

共起語とは、キーワードと同時に頻繁に出てくる単語です。

例えば「WordPress」というキーワードで記事を書くなら「ブログ」という単語は必ず出てくると思います。

共起語が少ないと、キーワードに関連した情報が不足している可能性があります。

適切な今日記号を使うことで、キーワードに関連した内容を網羅することができます。

キーワードに関連した内容を網羅するには自然と文字数も多くなります。

したがって、平均以上の文字数がないと共起語が不足してる恐れがあり、SEOの評価も上がりにくいです。

理由3:見出し(必要な情報)が不足する可能性がある

文字数が少ない場合、上位サイトの見出し数よりも少ない可能性があります。

見出し数でSEO の評価は変わりませんが、タイトルや見出しはGoogleが評価材料にする最も重要な部分です。

見出しが決まると書く内容は自然と決まります。

そのため見出しの数と文字数にはある程度の関係性があります。

したがって、文字数が不足しているということは、競合サイトと比較して見出し(必要な情報)が不足している可能性があります。

競合サイトの平均文字数以上にする方法

競合サイトの見出しを参考にする

上位サイトと同等の文字数にするには、上位サイトの見出しを参考にしましょう。

Googleはタイトルや見出しに書かれた内容を重点的に見ます。

したがって、競合サイトの見出しを参考にすることで、Google が必要としている情報を網羅することができます

見出しが決まれば、そこに文章を肉付けするだけです。

自然と競合サイトと同等の文字数になります

注意したいのは、競合サイトの文章をコピペするのは絶対にやめてください。

複製したものはGoogle をしっかりと認識することができ、サイトの評価を下げてしまいます。

あくまでも見出しを参考に書く内容を決める程度にしましょう。

調べた内容だけでなく自分の意見も入れる

競合サイトを調査し、見出し構成を考えます。

競合サイトやそれ以外のサイトなどから情報収集し記事を書いてきます。

調べた内容だけでは他のサイトと内容が似てしまいます。

他のサイトと差をつけるためにも、筆者の意見などオリジナルの内容を追加しましょう。

ミドルキーワードを狙うようにする

よくブログ初心者はロングテールキーワードを狙おうと言われます。

確かにロングテールキーワードは検索上位を獲得しやすいです。

しかし検索ボリュームが小さいので記事数を増やさなければいけません。

ミドルキーワードは、ロングテールキーワードに比べて幅が広い検索意図を満足する必要があります。

そのため自然と文字数も多くなり、共起語も多くなるのでロングテールキーワードの検索にも引っかかるようになります。

結果、ミドルキーワードを狙った記事を書けば文字数も増え、検索数も増えます

競合サイトの文字数を調べる方法

ラッコキーワードを使う

一番のおすすめはラッコキーワードです。

ラッコキーワードの「見出し抽出」で、あるキーワードで検索したときの上位20サイトの文字数や見出し構成が分かります

これを参考に書きたい記事の見出し構成を考えれば、Google が求めている情報が何か分かります。

ひとつ注意があります。

この文字数にはサイドバーやフッターにある文字もカウントしてる場合があります。

そのため実際の文字数は表示されている数字よりも小さい場合が多いです。

正確に文字数を調べたい場合は次に紹介する方法で調べてください。

ワード、Googleドキュメンで文字数を調べる

先ほど紹介したラッコキーワードの文字数は実際の文字数と少し違います。

そのため文字数を正確に調べるには、Word などのテキストエディターに貼り付けて文字数をカウントする必要があります。

ワードであれば文字を貼り付けると画面下に文字数が表示されます。

また Google ドキュメントで調べるには、ツールの文字カウントで調べることができます。

この方法は正確に文字数を調べることができますが、一つ一つコピペしないといけないので大変です。

そのため、基本的にはラッコキーワードで全体の文字数を把握することをおすすめします。

文字数チェックツールを使う

無料の文字数チェックツールがあります。

ワードやGoogle ドキュメントと同じでテキストを貼り付けて文字数をカウントします。

Q&A

文字数が少ないのに検索上位を獲得しているのはなぜか?

稀に文字数は少ないのに上位表示しているサイトがあります。

明らかに自分の記事の方がいいのにも関わらず、その文字数が少ないサイトが上位を獲得している場合があります。

考えられる要因としては二つあります。

  1. 必要な情報のみ書かれている
  2. サイト内の同じカテゴリー流入が多い記事がある

Google が本当に必要としている情報は分かりません。

文字数が少なくても上位を獲得できているのは、限られた情報のみで検索意図を満足している可能性があります。

他に考えられる要因として、同じカテゴリーの別の記事で流入が多く、それに関連した記事も評価され上位表示している可能性があります。

書いてある内容、文字数は同じなのにライバルサイトに勝てないのはなぜか?

ドメインパワー、関連記事の影響がある可能性があります。

Google は記事単体でも評価していますが、サイト全体でも評価しています。

そのため競合サイトのドメインパワーも参考にしましょう。

ドメインパワーに差がある場合は何をしても勝てない可能性があります。

ある程度順位が上がったら、別の関連記事で上位を狙うようにしましょう。

そうすることでサイトの評価が高くなり検索順位が上がる場合があります。

まとめ:上位サイトを調査すれば自然と必要な文字数になる

ブログ記事に必要な記事数について説明しました。

何もしにすれば良いという答えはありませんが、狙ったキーワードの上位10サイトの平均文字数以上を目安に記事を書きましょう。

単純に文字数を増やすだけでなく、どういった見出し構成になっているかも調査し、自分の記事に足りていない内容は追加するんしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
もくじ
閉じる